消費者金融で審査が受かりやすいオススメな会社とは

img_information5

融資の申込みをする事で、お金の借入れを受ける事が出来るのが消費者金融ですが、融資を受ける為に重要となるのが、会社規定で行われる審査です。この審査は働いている雇用形態や、今現在の借り入れ状況などの自分の現状により受かる可能性が変わってきます。よって安定性の低いアルバイトや、返済状況の悪いブラック扱いの人となると、審査が通る可能性は引くなるのです。しかし状況はどうあれ、お金が必要となる状況はどんな時にでも起こりえる事です。少額の融資でも受ける事が出来れば、状況を一変出来るのです。

そこで審査に自信がない人でも、状況次第で受かる可能性のある場所が存在します。僕が多重債務で融資を受けられなかった時でも審査に受かる事が出来たのが、あまり宣伝をしていない中堅の消費者金融です。

消費者金融でも審査が通りやすい場所と厳しい場所があり、よく宣伝をしている会社と言うのは申込者が多い為、審査が厳しめになっています。しかしあまり見かけない様な中堅の消費者金融には申込者が少ない為、少額融資の相談にも乗ってくれる場所があるのです。

そんな場所はブラックとされている多重債務者にも相談に乗ってくれる事が多く、実際僕にも少額の融資をしてもらえました。貸金業法の総量規制がある為、収入の3分の1を超える融資は出来ませんが、融資上限額に余裕がある人になら少額でも相談に乗ってくれる場所なのです。実際に危ない場所も存在しますが、金融業の登録をしている中堅の会社なら心配ありません。すでに審査に落ちてしまった人でも、諦めずにこの中堅の会社に相談する事をオススメします。

 


 

キャッシング・カードローンの審査

審査では何を見られるのでしょうか。ここでは、審査では一体何を見ているのか?という事についてご説明させて頂きます。

審査で確認される事

審査で確認される項目は何でしょうか。審査で確認される事は次の通りです。

  • 収入、家族構成、勤務先などの個人情報
  • 債務状況、金融事故などの与信情報

この2点について審査されます。では、これらの情報をどの様な形で審査するのでしょうか。これについてご説明します。

スコアリング方式による審査

消費者金融や銀行も使用している方式がスコアリング方式と呼ばれるものです。簡単に言えば、申請者の状況に対して点数を付け、その点数の合算が合格ラインをクリアするかどうかを確認しています。スコアリング方式では、主に以下の項目に対して点数を付け、審査します。

【収入、家族構成、勤務先などの個人情報に対するスコアの付け方】

個人情報は、審査における項目の中で、一般に「属性」と言われています。「属性」には次の様なものが対象となります。

  1. 年齢
  2. 勤務先
  3. 雇用形態
  4. 勤続年数
  5. 収入
  6. 家庭環境
  7. 居住年数・形態
  8. クレジット会社の利用履歴

では、それぞれの項目について詳しく説明します。

1.年齢

年齢は審査の中では、23歳~60歳までの間は、年齢が高い程評価が上がる(点数が高い)と言われています。年齢はそれだけで信用を高めるステータスです。しかしながら、30歳以上の人でクレジットカードの使用歴がない人は評価が低い(点数が低い)という傾向にある様です。金融業界の中では、クレジットカードの使用歴がない=信用の度合が判断できないという結果になります。そのため、その申請者が、例えば現金主義でクレジットカード等を持った事がなければ、その人の信用度が図れないという事になります。30歳を超えて、クレジットカードを持った事がなければ、逆に信用がおけない(信用度が分からない)という評価に繋がります。

2.勤務先

当然ながら勤務先の会社状況が優良なほど評価が高いです。そして、一番評価の高い職業が職業は公務員です。公務員は、審査では絶対的に評価が高く、公務員というだけで融資可と判断する金融会社もあります。それだけ公務員という職は、安定した職業と捉えられている様です。その逆に、自営業で1年未満の会社員などは評価が低い傾向にあります。自営業の場合は、事業が倒産する可能性があり、金融業界ではリスクのある人と見られてしまいます。

3.雇用形態

雇用形態は正社員である事が一番評価されます。雇用形態の評価としては、フリーター、派遣社員、契約社員、正社員の順番で評価が上がります。

4.勤続年数

これも信用面で欠かせないステータスとして見られます。勤続年数が長ければ長いほど、評価は上がります。

5.収入

収入に関しても高ければ高いほど評価が上がります。また、年収が140~200万円の方の場合は評価を下げてしまうか、あるいは融資不可とする金融業者もある様です。

6.家庭環境

この家庭環境では、独身か既婚、子供がいるかいないか、同居人がいるかどうかといった視点で評価されます。まずスコアとして一番高い家庭環境としては、「独身で親と同居」という条件が一番の高評価となります。また、「既婚で子供がいない」場合も、評価としては上がる方向になります。一方で、「既婚で子供がいる」という状況では、評価は下がり、一番評価を下げるのは「独身で一人暮らし」という条件になります。

7. 居住年数・形態

居住年数や形態も審査に影響するステータスです。まず家が賃貸ではなく、持家の場合評価が上がります。さらに、居住年数がより長い方が評価は高くなります。居住形態は、賃貸、社宅、持家の順番で評価が上がります。

8.クレジット会社の利用履歴

クレジットカード会社の利用履歴は、利用回数が多い人ほど評価が上がります。逆に全くクレジットカードの利用歴が評価を下がります。但し、利用回数が多い人でも、返済が度々遅れていたり、滞納している場合は評価が下がります。また、所有しているクレジットカードの枚数が以上に多かったりしても、評価が下がります。

個人情報に対する一般的な評価の付け方は上記の通りですが、これらに属さないものがあります。それは、専業主婦や年金生活者の方です。この様な方は特殊な扱いとなります。金融業者は、売り出そうとする商品がどの様な顧客層をターゲットとしているかによって、評価が全く異なります。評価が下がるか上がるかは、その金融業者により変わってきます。

【債務状況、金融事故などの与信情報に対するスコアの付け方】

個人情報のスコアリングとは別に、次は債務状況や金融事故などの与信情報のスコアリングが行われます。これは、信用情報機関に登録されている申請者の与信情報を元に行われます。与信情報のスコアリングは次の様なものが対象となります。

  1. クレジットカードやカードローンの利用・返済履歴
  2. 契約期間・口座残高
  3. 契約口座の種類
  4. 借入件数
  5. 申請状況
  6. 借入期間
  7. 金融事故

では、それぞれの項目について詳しく説明します。

1.クレジットカードやカードローンの利用・返済履歴

クレジットカードやカードローンの利用・返済履歴で重視されるのが、返済履歴です。過去1年の間に遅延・延滞などがない場合は、評価として上がります。逆に返済遅延の発生が頻繁にある場合は評価が下がります。

2.契約期間・口座残高

クレジットカードやカードローンの口座残高が少なければ評価は高くなります。契約期間も6ヶ月以上~取引歴が長ければ長いほど評価が上がります。逆に、合計の借入枠に対して1/3以上の借入がある場合は評価が下がります。

3.契約口座の種類

契約口座の種類が消費者金融からの借入の場合は、評価が下がります。

4.借入件数

借入件数は、4社以上の借入先がある場合に評価が下がります。1~3社の場合は大きく評価に影響しない様です。

5.申請状況

3ヶ月以内に他業者へ申請をしている場合に評価が下がります。3ヶ月以内に他業者への申請がある場合は、資金繰りに困っている顧客と判断されるため、評価が下がると考えられます。(俗に申し込みブラックと言われています。)

6.借入期間

反対に、借入期間においては取引が長いと評価が上がります。金融業界では、より長い取引を行える事が優良な顧客となります。

7.金融事故

この項目が信用情報期間に登録されている間は評価が下がります。評価が下がると言うよりは、むしろ審査にはほぼ100%通らないと言えます。金融事故に登録される原因は、クレジットカードの支払い滞納、延滞の繰り返し、消費者金融のカードローン支払延滞、債務整理といった事が挙げられます。

この様に、与信情報によるスコアリングは、申請者の過去の取引、申請、借入・返済状況や遅延などのすべての情報を得る事が出来、これら取引に関する情報を元にスコアリングを行います。

以上の様に、「個人情報に基づくスコア」と「与信情報に基づくスコア」の合算が、金融業者各社が定めている基準スコアを超えているかどうかによって、融資可否を審査する事になります。

スコアを上げるための方法

以上の説明より、審査に通過するには「属性」と与信情報のステータスを上げなければならない事がお分かりになったと思います。では、スコアを上げるには具体的にどうすればよいでしょうか?年齢、収入、居住形態など、すぐには変更出来ないものはどうしようもありませんが、次の様な手段で「属性」のステータスを上げる事が出来ます。それは、
『クレジットカードを数社(3~4社)作成し、利用・返済の回数を重ねる』
と言う事です。
「属性」において、自分でコントロールが出来るのは、「クレジット会社の利用履歴」です。この「クレジット会社の利用履歴」において、利用と返済をしっかりと実績として積み重ねる事が大切です。これだけでもスコアはかなり上がります。クレジットカードをたくさん作る事に抵抗を覚える人は、例えば次の通り考えてみて下さい。

  • ガソリンは提携しているガソリンカード(クレジット機能付)を作り、ガソリン専用のカードとする。
  • 食料品、雑貨は大手スーパーが提携しているクレジットカードを作り、買い物専用のカードとする。
  • 飛行機、新幹線、乗り物全般は提携しているクレジットカードを作り、乗り物専用のカードとする。

他にも色々な特典付きのクレジット機能カードがあると思いますが、目的別の専用カードを利用・返済をする事で、多数の利用・返済履歴が残り、評価が上がるのです。この様に、スコアアップのために打てる対策は、クレジットカードを利用・返済する事が挙げられます。

金融事故に登録されている場合は時間をおいてから申請する

与信状況のスコアリングの中でも取り上げました金融事故ですが、この事故に記載されていると、恐らくどの様なローンや新規借入も審査を通過する事はないと考えて下さい。金融事故はそれだけで信用を失います。まず主な金融事故と信用情報機関に登録される年数について、以下の通りご説明致します。

【登録期間が「5年間」の金融事故内容】
  • クレジットカードの3ヶ月以上の滞納
  • クレジットカードの年3回以上の延滞繰り返し
  • 公共料金などをクレジットカードで支払っている場合、その延滞の繰り返し
  • 消費者金融等のカードローン支払いの延滞
  • 携帯料金の分割払い滞納(本体を分割で購入している場合のみ)
  • 任意整理(債務整理)
【登録期間が「7年間」の金融事故内容】
  • 個人再生(債務整理)
【登録期間が「10年間」の金融事故内容】
  • 自己破産(債務整理)

この様に、支払のルーズさや債務整理が原因で金融事故に繋がります。普段からクレジットカードやカードローンなどの支払い遅延を無くす事で、これらの問題はクリアできます。支払い遅延は出来る限りしないように心がけましょう。また、審査では金融事故ではありませんが、次の様に様々な内容が信用情報機関に登録されている事も認識しておきましょう。

取引履歴内容
  • 申し込み履歴(個人情報、申請会社、商品名など):6ヶ月間
  • 契約・取引履歴(契約内容、支払内容、返済実施日、返済予定日、借入残高):解約後5年間
  • 延滞日時・回数(延滞発生日・解消日):延滞解消日から5年間
  • 強制解約歴(解約日やその理由):強制解約日から5年間

この様に、金融事故ではなくとも、取引履歴に関しても申請者の状況を確認する事が出来ます。これらも審査を行う上で重要な内容となります。

金融事故後の新規申込時は、銀行系カードローンは提携している銀行に注意すること

銀行系カードローンと呼ばれる消費者金融は、大手銀行と提携しているところが多くあります。仮に申請者が特定の銀行カードローンあるいは銀行系カードローンに対して金融事故を起こしてしまって、カードを強制的に没収された経験があるとしましょう。

その様な場合、信用情報機関に登録されている期間を過ぎた後も注意が必要です。なぜなら、金融事故を起こしてしまった金融会社は、その事故情報を社内で残している事が多く、再度申請をしても審査に通らない可能性があります。また、提携している金融会社同士でも情報を共有している場合があります。ここでは、提携している銀行系カードローンと銀行についてご紹介します。

  • アコム(三菱東京UFJ銀行)(※UFJはモビット等を商品としている)
  • プロミス(三井住友銀行)(※三井住友は三井住友カードローン等を商品としている)
  • アイフル(みずほ銀行)(※みずほはみずほ銀行カードローン等を商品としている)
  • ノーローン/レイク(新生銀行)

これら銀行系カードローンは大手消費者金融ですが、提携している銀行と信用情報を共有している可能性が高く、金融事故を起こしてしまっていれば、その該当する銀行も銀行系カードローンも新たなカードローンを発行する事は難しいでしょう。金融事故登録解消後は、金融事故を起こしていない銀行や銀行系カードローンに申請する事をお勧めします。

如何でしたでしょうか。審査では以上の様にスコアリングによる方式で点数を付け、客観的に申請者の判断を行っています。これらをすべてコンピュータ管理のもとで実践しているのです。

審査で落ちる人でも、審査時間がとても短かったり、申請してすぐに融資不可通知が来たりする人は、このスコアリング段階から融資不可という判断がされています。結果通知までが異常に速い人は、これらの内容について、今一度自分自身振り返ってみる事が必要かもしれません。